kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

【HD25の上位モデル!?】HD26PROなる製品がありました!!!【ヘッドホン】

どうもkimamaです。

音響関連は少しかじった程度ですが、やはり調べていると色々な製品が出てきて楽しい。

・・・本当にかじった程度なのでスペック表見てもいまいちピンとこなかったりしますけど(苦笑)

さて、今回は色々とヘッドホンを調べていた中で見つけた、あまり知られていないヘッドホンをご紹介します。

と言っても、私が初めて知っただけで業界ではポピュラーな製品かもしれないんですけどね!!!

 

 今回見つけたのは、何を隠そうあの「HD25」の上位モデル。

・・・上位モデルとかあったんすね(−_−;)

存在すら知らなかったぞ・・・

製品名はそのまま「HD26PRO」。25の次だから26。んでプロ仕様だからPRO。わかりやすくていいね!!!

このHD26PRO。HD25と何が違うのか。素人なりにスペック表を見比べながら書いていきたいと思います。

 

まず形式。こちらは両者ともダイナミックドライバ搭載の密閉型ヘッドホンです。

DJヘッドホンという部類に分類されるみたいで、私の使っているPRO5MK3なんかも一応DJユース用らしいです。

DJヘッドホンの特徴としては

  • イヤカップが回転する
  • 耐久性に重視して設計製造されている
  • モニターライクな音質

と言ったところでしょうか。他にも色々あるかと思いますが、私が知っている限りでは上記三つの項目がDJヘッドホンの特徴と言えます。

DJさんの仕事について詳しくないので、上記の特徴がどのように活かされるかは私にはわかりません。しかし、どれもDJさんには必要な機能なんだと思います。

 

次に周波数特性。

これはそのヘッドホンが表現可能な周波数の下限上限、ということでいいのでしょうか。

HD25が16〜22000Hzなのに対し、HD26PROは20〜18000Hz。

あれ? これだけ見るとHD26PROは劣ってるように見えるぞ?

周波数特性はあくまで表現可能な周波数、ということなのか・・・

これだけでスペックが決まるわけではないようですね。

ハイレゾ対応の1万円のヘッドホンと3万円の普通のヘッドホン、周波数特性が高いのはハイレゾ対応のヘッドホンだけど、一般的にどっちの方が音がいいかって言ったら3万円クラスの方ですしね。値段で音が決まるわけじゃないのは知ってますけど。

 

次にインピーダンス

これはヘッドホンの「能率」などとも呼ばれています。

鳴らすために必要なパワー、というのでしょうか。

これが高ければ高いほど音量を取りにくく、低ければ低いほど小音量時の音量が大きくなる・・・ で、あってますかね? 

調べてみたのですが、私には難しすぎて何が書いてあるのかよくわかりませんでした(−_−;)なのでざっくりです。ざっくり。

詳しいことは各自調べていただくと助かります〜 

で、このインピーダンス。高価なヘッドホンほど高いイメージがありますよね。

今回もその例に漏れず。

HD25のインピーダンスが70Ω(オーム)、HD26PROが100Ωとなっており、HD26PROの方が鳴らしにくいヘッドホンということ。

ポータブル環境で鳴らせるギリギリのラインなのではないでしょうか。

これ以上だとヘッドホン自体のサイズやケーブルの長さもそこそこのヘッドホンになってしまうと思うので・・・

ポタアン噛ませれば600Ωとか鳴らせるものもあるんですけどねえ。

ちなみに私の使っているE12⬇︎は300Ωのヘッドホンまで鳴らせます。

f:id:kimama0123:20170728234037j:plain

出力に関する数値はインピーダンスだけではないので一概には言えないんですけどね。

 

次が感度。

この数値が高ければ高いほど、大きな音量が出ることになります。

こちらも私には難しい数式やら単語がいっぱいなので、詳しくはggってください(苦笑)

HD25はこの値が120db、HD26PROが115dbとなっておりまして・・・

やはりHD26PROは大出力のアンプでそこそこの音量時に真価を発揮するヘッドホンのようです。

 

ケーブルの長さは両者同じで1.5mの片出しケーブル、着脱可。プラグも同じで3.5mmミニプラグ。

 

HD26PROには特別な機構が備わっているらしく、大音量時に聴覚を保護する機能がついているよです。

HD25はどちらかというと大衆向け、HD26PROは現場仕様のプロ製品という位置付け。

もちろん、HD25もプロ使用に耐える製品のようですので。

ここら辺は予算と用途と相談なのかなと思いますね。

少なくとも私のような小音量でリスニングをするだけの一般市民にHD26PROは必要ないです(笑)

デザインはHD26PROの方がゴツくて無骨で私好みなんですけどね。

 

以上です。

あまり的確な比較ができませんでした。勉強不足ですね(−_−;)

とにかく、ヘッドホンには値段によるランクづけの他に用途や使用環境にあった製品を選ぶ必要があるということがわかりました。

HD598を街中で大音量で鳴らしてたら迷惑になりますしね(苦笑)

皆さんも、用途にあったヘッドホン選び、覚えておくと役に立つかも?

では、kimamaでした。