kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

【レンタルCD】レンタル、ストリーミングって悪ではないですよね?【ストリーミング】

どうもkimamaです。

私、定額制のサービスってのがあまり好きではなくて。

お小遣いの範囲でやっている人間なので、定期的にそのお金がお小遣いから引かれるのはきついわけですよ(−_−;)

で、その少ない資金の中でも「いろんな音楽を聴きたい」と思うわけですね。

だから、苦肉の策でストリーミングサービスにお金を払って、もしくはレンタルしてきたCDで音楽を聴いているんです。

当然、CDやDL販売で買った方がいいでしょう。

一曲一曲にお金を払っているわけですからね。

当然私も、相当気に入った曲があればCD買うなりDL販売で買うなりしてます。

全く音楽を買っていないわけではないんですよ。

でもね、やはり資金的な問題で全ての好きな曲を買って、好きなアーティストのCDを全部集めて・・・なんていうのができないんですよ。

バイトでもしてて少しリッチな学生さんとかなら話は別なのかもしれないんですけどね。

私は諸事情によりバイトができない学生さんなので・・・

 

そうやって必死に音楽に「しがみついている」とでもいいましょうか。

とにかく必死になってどうやったらたくさんの曲に出会って気に入った一曲を見つけられるかっていうのを工夫して楽しんでるんですよね、私なりに。

しかし、それを非難する人たちが中にはいるんです。

「ストリーミングは悪だ。CDが売れなくなったのはストリーミングやレンタルCDが原因だ」ってね。

今回はそれに対して思うことと、プアオーディならではの悩みなんかを書いていこうと思っています。

 

  • ストリーミングは悪なのか?

まずはこの意見に対する私の答えを書きます。

「よくはない」んでしょうね、実際。

CDが売れなくなっているのは事実ですし、アーティストさんやCDを出しているレーベルなんかもきついですよね。

でもですよ? CD高すぎじゃありませんか?

海外ではアルバム一枚1500円だなんて聞いたことがあります。

それに対して日本は一枚3000円。税込だと数百円上がります。

なんで高いのか、一説ではとある企業がASK税のような感じでぼったくってるという話もありますね。

まあそんなことはどうだっていいんです。重要なのは「高くて買えない」という事実。

もちろん「買えない」というのは全く手に入らないレベルで高いってわけではないです。

CD買うとなると1枚だけ買って満足、というわけにもいかんでしょう。

その曲を聴いて気に入ったら別のCDを買いたくなるわけで。

趣味ってそういうもので、そうやって継続していくと思うんですよ。

しかし継続して買うには高すぎる(−_−;) CDはね・・・

DL販売なら安いっていいますが、それでも2、300円の差程度ですからね。

少ない小遣いでやってる貧乏学生には違いがないって話。

昔の世代、今現在ピュアオーディだなんだって言ってる方々、ちょうどバブルの時代とかですよね。そりゃあバブルならCDなんていくらでも買えるでしょうし買ってもらえるでしょうし。実際うちの父なんかも高級オーディオを買ってもらって聴いていたとか言ってましたからね。

でもね? 今は時代が違うんですよ。みんながみんな10万もするオーディオを買って、さらに3000円もするCDを何十枚も何百枚も買い集めることができるわけじゃないんです。

それが正義? そんなもん廃れるに決まってますよね。

CDが売れなくなっているのにはそう言った背景があると私は個人的に考えています。

もちろん見当はずれかもしれませんけどね。

オーディオって、一部のお金持ちの人たちだけの趣味なんですかね?

それが正解なら私は何も言えません。それでもそんな悲しい意見のために音楽を聴くのをやめるつもりなんてありませんが。

 

  • じゃあレンタルCDは?

これについてはよくわかりません。

レンタルも音楽界の悪だと言われている存在ですが。

ストリーミングほど声がでかくない気がします。

理論的にはアーティストの方々にも少しはお金が入っているからなのでしょうか。

こういうこと言ってる人たちってお金が入ってればおk、っていう考えなんですかね?

まあ間違っているとは言えないんですが・・・

じゃあお金がない人は音楽を聴くな、と?

うーん、音楽が一部の特権階級のものになってしまうと、本当に終わりって感じなんですけど。

 

  • プアオーディオは肩身がせまい

オーディオ好きを自負している方々はかなり自慢の機材をお持ちで・・・

私なんかは父からのおさがりのアンプに中古で買ったDAP、安物のポタアンに2万そこそこのイヤホンヘッドホンという、まさに「プアオーディオ」です。

やはりいい音で聴くには機材投資は必須、これは別に悪いことではないと思います。

高いものを買えばいい音で聴ける、これがなくなると物作りは終わりですからね。

そう言った理由から、オーディオにお金をかけられない私は肩身がせまい思いをしているわけですよ。

こればっかりは私の問題なので誰が悪いとかはないんですけどね(−_−;)

もう少し、プアオーディ層にも優しく、誰でも入りやすいオーディオという趣味にしていったほうがいい気がするんですけど。

 

以上です。

なんか終始お金がないって話になってる気がしますね(苦笑)

でも実際、今の若者っておじさん世代が思ってる以上にお金ないですよ?

さとり世代とか言われちゃってますけど、悟らざるを得ないんですよね。

私なんかは病気しちゃってるので、余計にこの世界に対して暗い思いしかないんですけど・・・

娯楽がないんじゃなくて、娯楽にかけられるお金がないんですね。

私の友達で働いてる人なんかも、「お金がなくて大変だ」って言ってますから。

趣味なんだから、違法DLみたいに法に触れない限りは自由にさせて欲しいもの・・・

ストリーミングで音楽聴いてます、レンタルで音楽聴いてますって、誇らしくいうのはなんか違いますけど、恥だと思うのもおかしいと思うんです。

いつかストリーミングやレンタルで音楽聴いたり、安い機材でもそれなりに楽しんでいる人たちが認められる日は来るんですかね・・・

では、kimamaでした。