kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

【BAドライバ4基搭載!?】XBA-40を今更中古で買ったのでレビューしてみる。【イヤホン】

f:id:kimama0123:20170730120805j:plain

 

どうもkimamaです。

お気付きの方もいるかと思いますが、このブログ・・・

ここのところkimama自身が持っていないイヤホンやヘッドホンの紹介記事が続いているんですよ。

これでは他者様のレビューをまとめたりスペックを比べることはできても、肝心の「音」の体験レビューができない!!!

ということで、今回は私が実際に使っているイヤホンの紹介をしたいと思います!!!

 

では、続きからどうぞ!!!

 

 今回ご紹介するのは・・・

SONYから2012年に発売されたBA型イヤホン、「XBA-40」です!!!

このイヤホン、とある理由で私は「変態性能」と呼んでいます(苦笑)

この理由のおかげで、このイヤホンはなかなかない特性を持った不思議なイヤホンとして有名なんです。

というかSONYさん、この価格でよくこれやらかしましたね・・・

 

なぜ変態性能なのか・・・ まずはその訳をお話しましょう。

 

○BA型ドライバを4基搭載!?

はい、出オチです(笑)

だって笑うでしょこんなの。4基だよ!? BA型が!!!

普通、マルチドライバのイヤホンというと「ハブリッド型」が主流です。

ハイブリッド型というのは「ダイナミック型」と「BA型」のドライバがそれぞれ数基積まれているようなイヤホンです。

だいたい中〜高価格帯のイヤホンでたまに見られる形式なのですが。

このイヤホンはダイナミック型なんて積んでない。むしろBA型4つ載せちゃえば? 的な。

これによってかなり独特な音が出るようになっているので、一部では中毒者が発生しているとかいないとか・・・

いわゆる「リピ買い」する人も少なくはないみたいです。

 

○その人気の理由は価格にもあり!!!

そしてこのイヤホンが人気なのは特徴的なその構造だけではありません・・・

価格にも、人気の理由があります。

なんとこのイヤホン、今現在1万5000円あれば買えてしまいます!!!

新品で、ですよ?

BA型搭載自体のイヤホンの値段が下がっているとはいえ、まだまだ多くの製品が1万円を切らないのが現状。

それが4基搭載で1万5000円って・・・

これは買いでしょ!!! ・・・と言いたいところですが、音質は独特(後述)だから万人にオススメはできないんだよなあ(−_−;)

では次は、その音質について語って行きましょう!!!

 

○高音域が得意!!! でも金属質なところも・・・

何と言ってもこのイヤホンの魅力は、そのキラキラして華やかな「高音域」の表現力でしょう。

BA型自体が高音域を得意としている傾向があるので、それを4基搭載している恩恵と言えます。

今回、高音域がガンガン鳴るような曲を3曲聴いてみましたのでそれぞれの感想を。

 

というアーティストも曲調も全く異なる3曲を聴き比べ。

その結果・・・

 

まずは「ALMA」。

サビまでの、俗にいうAメロ〜Bメロにかけては非常に聴きやすかったです。

滑らかなヴォーカルとギターの弦の音・・・

さらにはベースやドラムが喧嘩しないできちんと鳴っています。

さて。特にこの曲は中高音域がメインの曲なので、このイヤホンの真価が問われるような気がしたんですが・・・

サビがね、ちょっと残念だったかな(−_−;)

具体的にどうなってしまうのかと言いますと。

メインヴォーカルに被せてくるコーラスの部分。これが金属質すぎてザラザラしてる。

いうなれば錆びた包丁を研いでいるような。そんなんザラつき。

モニターヘッドホンやスピーカーで聴いても若干ざらついてる感じがあるのですが。

このイヤホンはもろにその悪いところを表現してしまっているんですね。

ただ、そこだけが残念。それ以外は完璧なんですけどねー

 

次が「Sieze the day」。

私の大好きな曲のひとつです(笑)

この曲はそこまできつい高音は出ないんですけど。

モニターヘッドホン、PRO5MK3で聴くとですね・・・

「明日をつかめ」らへんのところのあ「し」たが刺さるんですね。

が、ここはBA型の余裕か・・・

サ行が刺さることは全くなく、SPiKAの綺麗な歌声が非常に心地いいです。

低〜重低音ですが、やはりBA型ということ、イヤホンということで量感や音圧といったものは感じられなかったです。

疾走感のある曲なので、もう少し低音強めでもいいかな? と思いました。

決してスッカスカな低音ではないので、「低音はブンブン響かないとダメなんだ!!!」

 という重低音マニアの方以外にはさほど問題にならないかと。

むしろ、響くようなある意味ブーミーな低音と比べパシパシ、ドンドンとキレのある低音が出るので、こっちの方が好きな人も多いかも。

 

最後が「幻想ドライブ」。

友人からの勧めで知ったアニメ、「迷い家-マヨイガ-」のOPテーマですね。

アニメの内容自体は知らないのですが・・・ 勧められたのにみてないんかい(−_−;)

曲はすごく良くて、「和島あみ」さん、最高ですよね!!!

・・・活動休止になってしまわれたのは悔やまれる。

というわけで聴いてみた感想は・・・

やはりというかなんというか、高音域には余裕があります。

この曲も疾走感溢れる曲(だって幻想"ドライブ"ですし)なので、ギターやベースの音がメインのメロディになっているところがあって。

このイヤホンだと「音圧欲しいなあ」と思うことがないことはないです。

やはり重低音スキーには素直にXB950N1あたりをお勧めしたいですね。同じソニーだし。

 

こんな駄耳のレビューが参考になるかどうかはわかりませんが・・・

高音域の「キラキラ」とした音が非常に得意なのかなと。

アニソンとかゲーソンにはめちゃくちゃ合うんじゃないかな。

ALMA」のように繊細で生音のような高音域・・・ は若干金属質すぎて耳に刺さる感じは否めませんが。

やはり電子音がないと生きていけない、現代音楽ジャンキーの私のような人間にオススメのイヤホンなのかなと。

おっと、まだ結論を出すのは早いですね。

次は低音域が強い曲を聴いてみたので紹介します!!!

 

○低音は十分、重低音? そんなものはとうに捨てた・・・

お待たせしました、低音スキーの皆様(笑)

「音楽は重低音が全て」とまでは言いませんが「重低音は響かないとね」という重低音スキーな方、現代の日本には結構いまして。

かくいう私の周りにも、「重低音こそパワー」みたいな人が多いです。

私はどっちかというと強すぎる重低音、というかしまりのない重低音は長時間聴いてると頭痛くなってくる・・・ そんなタイプの人間なので。

重低音好きの方々の参考になるかわかりませんが一応感想を書いておきますね。

聴いた曲は同じく3曲。

です。

 

「SHUT UP AND EXPLODE」から。

この曲はまさにザ・重低音という感じなのですが。

やはり高音域を得意とし、重低音は控えめなこのイヤホンでは少々物足りない表現になってしまっています。

イントロの「ツッタツツッタン」みたいなドラムの音? は小気味好く聞こえるんですけどねー。

サビあたり、「Run away... Run away...」の部分なんかは本来のノリとか迫力とかが損なわれてしまっている気がしますね。

 

「The Concept of Love」は比較的楽しく聴けました。これは意外。

XB950N1で視聴した時は「この重低音がいいんだよなあ」なんて思っていたのですが・・・ 重低音嫌いなんじゃねえの? というツッコミはなしで・・・

ドラムの音がパスパス入るのと、ヴォーカルが比較的高めなので、うまいことマッチしているのかもしれないです。

電子音満載の曲でもあるので、そういった意味でも相性がいいのかもしれません。

・・・XB950N1で体験したあの感動するようなジャンキーな重低音も捨てきれないんですけど。 だからお前は重低音スキーなのか違うのかどっちなのかと(苦笑)

確かにずんずんくる感じはしないですけど、普通に聴けたのでびっくり。

全ての重低音重視の曲と相性が悪いわけでもないようです。

 

最後が「Starry Sky」。

イントロから重低音バンバンの曲ですね(苦笑)

というかXB950N1みたいなヘッドホンで聴いたら重低音しかないんじゃないかな・・・

そう思えるくらいに凄まじい曲です。

締まった低音が出るおかげで、頭が痛くなるような感じや疲れる感じは全くないのですが・・・

やっぱこの曲は音圧、力こそパワー、ズンズンドンドンくる重低音・・・

この三つが揃わないと楽しくないですね(−_−;)

一応、サビの歌詞が入ってる部分あたりから高音域の電子音が入ってはきます。

入ってはきますがそこにも重低音が存在しているので、今回聴いた曲の中で言えば全く合わない、一番合わない曲だと言えるでしょう・・・ 不名誉ですけど。私この曲大好きなんですけど・・・

 

XBA-40を聴いてみた感想、どうだったでしょうか。

私の駄耳なりに必死に聴いて特徴を捉えたつもりだったのですが・・・

「俺そのイヤホン持ってるけど、kimamaの言ってること全部的外れじゃねーか!!!」なんてご指摘がありましたら遠慮なくコメント欄に書いていただいて結構ですので・・・

 

総括しますと・・・

  • 高音域が強い曲、特にキラキラした電子音が気持ちいい
  • 生音のような繊細な高音域は苦手。金属っぽいザラザラした音に
  • 低音は疾走感ある。
  • 重低音はないに等しい。

となります!!!

もちろん、人によって聴こえかたは違うと思うので、ぜひ一意見として読んでいただければ。

 

○結局どんな人にオススメ?

こんな人にオススメです!!!

  • ゲームのサウンドトラックやアニソンを聴く
  • 電波ソング大好き!!!
  • 自分は電子音ジャンキーだと思う

 

○最後に

イヤホンやヘッドホンというのは、音も違えば当然感じる装着感なども人によって変わってきます。なので、一概に「これがいいよ!!!」とは言えないのです。

事実、私もみんながもてはやすようなイヤホン、「SE215」などは全く合わなかったですし。

ほんとは試聴した方がいいんですけどね。

私のように「試聴する環境がなかなかない!!!」となるとなかなか厳しいところがあります。

eイヤホン行くためだけに渋谷とか池袋とか行けないしね。

まあなんやかんやで合う合わないもお楽しみ。

とりあえず憧れだったヘッドホン買ってしまえ!!! なんていう楽しみ方もあるっちゃああるので・・・

ぜひ色々試して自分にあったイヤホン、ヘッドホンを探しましょう!!!

・・・なんか最後XBA-40関係ない締めで終わっちゃったな。どうしよう(−_−;)

では、kimamaでした。

 

商品リンク(すでにAmazonからの出品は無し)

 

SONY カナル型イヤホン シルバー XBA-40/S

SONY カナル型イヤホン シルバー XBA-40/S