kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【ヘッドホン】なんのためにヘッドホンを集めているのか改めて考えてみた

f:id:kimama0123:20170803020452j:plain

 

どうもkimamaです。

ヘッドホンに興味を持ち出したのがちょうど2年くらい前。

当時初めてのポタアンを購入したり、開放型ヘッドホンデビューしたりと・・・

新しいことばかりで新鮮だった記憶があります。

最近でもその感覚は薄れていなくて、新しい機材を買うたびにワクワクしながら聴いています(笑)

私が今所有しているヘッドホンは4本。

なかなか少ないですが、そのわけは「現状に満足しているから」なんですね。

しかし、K702を購入したことを皮切りに、ヘッドホン集めを始めようかと思っていまして、改めてヘッドホンを集める意味を考えてみました。

オーディオ上級者の方で、すでに自分で意味を見出している方には全く意味のない記事です。そういった方はスルー推奨。

それでも暇だから付き合うよ、という方いましたらありがたいです。

書いている以上読んでもらう人がいなければさみしいですから(苦笑)

 

では、続きからどうぞ。

 

 ヘッドホンを集める、とひとくくりにしても様々な価格帯や用途の製品があります。

ヘッドホンマニアならばどんなものでもヘッドホンならとりあえず集める、なんて方もいるかもしれません。

逆に、音質を追求する探求人は高価なモデルの中で自分にあったヘッドホンだけを買い集める人もいるでしょう。

単純に気分によって使い分けたいから、デザインをその日その日で変えたいから、なんていうファッション的な意味の人もいるのかな。

私はどれに当てはまるのでしょうか? そこから考察していきます。

 

○理由その1:色々な音楽をいろいろな音で聴きたい!!!

私がヘッドホンを集めたい理由その1。

いろいろな音楽をいろいろなヘッドホンの音で聴きたいから、です。

ヘッドホンて何もデザインが違うだけではなくて・・・

そのヘッドホンごとに音の作りが違うんですね。

私の持っている4本のヘッドホンも、それぞれで違う音が出ます。

気に入ったヘッドホンをずっと使うのも好きですが、できればいろいろなヘッドホンを試して、いろいろな音に触れたいわけです。

そのためにはヘッドホンをいろいろ聴いて、集めなければなりません。

そういった意味での「ヘッドホン集め」なんですね。

 

○理由その2:デザインがかっこいいからコレクション性がある!!!

男の子ならわかるでしょうか。小さいころ、ガンダム仮面ライダーのフィギュアを集めたりしなかったでしょうか?

私はかなりハマっていて、ガンダムのプラモデルとか作っては飾っていました。

今でこそプラモデルは作っていませんが、ものを集める趣味は未だ健在。

ヘッドホンもそうですが、CDや本といったメディアをコレクションしていたりします。

では、ヘッドホンに求めるコレクション性とは何か・・・

それは「デザイン」です。

無骨なものからスタイリッシュなもの、はたまた個性派なものまで・・・

音と同じで、様々なデザインのヘッドホンが世の中にはあふれています。

所有欲を満たされる、とでもいいましょうか。

ベイヤーのDTシリーズのあの色合いとか絶妙なチープさとか、ああいうのもたまらないし・・・

ゼンハイザーのプリンの高級感あふれる質感とか、AKGのシリーズの「THE・ヘッドホン」って感じのデザインとか・・・

とにかく持っていて楽しくなるようなデザインが溢れているのです。

これがヘッドホンを集める二つ目の理由です。

 

○理由その3:友人たちと情報交換や聴き比べで盛り上がれる!!!

友人が「こんなヘッドホン・イヤホン買ったよ!!!」なんていってくるとテンションが上がるものです。

逆に私が、「こんなん買ったよ!!!」なんていうのも盛り上がります(笑)

友人でオーディオ好きはあまりいないのですが、それでも映像や音声関連の機材が好きな人は結構います。

そんな人たちと話して盛り上がって、聴き比べしてああでもないこうでもない・・・

いやあ楽しいですね!!!

人との関わりの輪、という意味でもヘッドホ集めは有意義なわけです。

 

○まとめ

3つの理由を挙げましたが、他にも細いかい理由がいろいろあったりして・・・

今の私の生きがいは音楽、ヘッドホンになっています。

自分にあった究極の一台を見つけるのも楽しいですし、時には失敗するのも楽しい。

ネットで他の人の体験談や購入談を見るのも楽しい・・・

とにかく、ヘッドホンは私を楽しませてくれる要因の一つです。

これからも、興味があるヘッドホンや音楽を集めつつ楽しんでいこうと思います。

趣味としてのヘッドホン集め、皆さんも一つ、初めてみてはいかがでしょうか?

童心に帰れるかもしれませんよ(笑)

では、kimamaでした。