kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【ヘッドホンアンプ】ヘッドホンアンプについて考える【プアオーディオ】

どうもkimamaです。

世の中にはとんでもない環境で音楽を聴いている人たちがいます。

しかし、みんながみんなそんなとんでもない環境を構築できるわけではない、というのはなんども私が書いてきたことです。

事実、学生でお金がない私にはとても、4、5万もするアンプだのヘッドホンだのは買えませんし・・・

10万超えの製品なんて買おうとも思いません(−_−;)

そんな私の環境は、6000円くらいのDACに昔のアンプをつないでいるわけなのですが・・・

このアンプ、ヘッドホンアンプじゃなくてプリメインアンプなんですよね。

一応ヤマハのスピーカーが繋がってはいるのですが、近隣の方に迷惑になるのであまり使っていません。

 

よく、「プリメインアンプのヘッドホン出力はお金かけてないから〜」と言われていますよね。

実際、私がプリメインアンプをヘッドホンアンプとして使っていてどう感じているか。

また、格安のヘッドホンアンプの話などもしていきたいと思います。

まさに「プアオーディオ」、ですね(笑)

 

 ○そもそもプリメインアンプって本当に音悪いの?

うーん、これがよくわからないんですよね。

当然ポータブル環境で聴く時なんか以上には音はいいです。

当然ですよね。出力がでかい分音量も取れるしパワーに余裕がある。

じゃあDACに繋いだ時と比べるとどうか。

比べて見ると、音量や迫力、音場の面では圧倒的にプリメインアンプが優っている気がするんですよ。

ただし、音のクリアさと言いますか透明度の面ではDACの方が有利なんですよ。

プリメインアンプの方は音が歪んでいる気がするんですよね。

ここは本当に好みだと思います。そう、つまるところ全部好みなんですよ。

オーオタの方達って言い方悪いですけど、自分たちの感覚を他のオーディオ好きにも押し付けてくる感じがなくもない。

「俺がこう思ってるからこれは絶対なんだよ?」

みたいな。でも実際はオーディオに正解なんてないと思うんです。

だって人によって聴こえ方は違うし、環境も違うし。

「俺の感覚がわからないなら耳が悪い」

なんていう勢いの人までいる始末ですけど、大きなお世話です(笑)

こういうこと書くとオーオタの方達にお叱りを受けそうですが、私は間違ったことは言っていません。少なくとも自分ではそう思っています。

人間、自分と違う感覚を持つ人間を否定したがる傾向にあります。

実際、今この記事を書いている私もそうですね。「オーオタ」という、自分とは違う人間のことを否定したがっています(−_−;)

それでもあえて言います。

「いろんな環境でいろんな人がいろんなソースで聴いてもいいじゃない」

と。確かに高いオーディオにも意味はあるでしょう。

高くて音がいいのは当たり前、とも言えるでしょう。

しかし、プアな環境で聴いている人たちのことを否定する必要はないと思うのです。

何も音楽を聴くのはあなた方オーオタだけの特権ではないのだから・・・

話がかなり逸れたので戻しますと。満足しているなら専用のヘッドホンアンプじゃなくてもいいんでっせ、ていう話でした。

ちなみに私はKAF-5002の音がそれなりに好きなので満足しています。

専用のヘッドホンアンプもそのうち買いますけどね。音の歪みがどれほど変わるのか試してみたいので。

もちろん、自分がそれでいいと思うのならプレイヤー直差しでも全然おkだと思います。趣味なんですもの、なんで他人にとやかく言われなければならないのかと。

偉そうに語ってしまいましたね。すみません(−_−;)

では、この流れを崩さずに次は格安アンプについて語ってみましょう。

 

○格安アンプは音がいい!?←ここも人によって違うようです

「プアオーディオ」に優しい中華アンプなどの海外製品。

Amazonなどには大量にあふれていて、果たして本当に音がいいのかどうか・・・

私も人柱になりたいのですが、今のところ格安アンプを買うお金もなくてね(−_−;)

というわけで、他者様のレビューを参考に考察してみました。

 

実際に音はいい。

数万円のアンプに匹敵する

という声もあれば・・・

 

すぐ壊れた

イヤホンジャック直差しよりはマシ程度

なんてレビューもあります。

 

実際のところ個体差による差が非常に大きいように感じました。

ここは中華製品の課題。安定性や製品自体の品質ですね。

一個だけ品質が良くても意味がないですから。大量生産のものは、安定して品質が高くなければ良品とは言えないので。

ただし当たり個体を引けばかなりのコスパを得られることは間違いなしです。

もちろん、先ほども書きました通り音の好みもありますので、一概に「中華アンプやすいからおすすめだよ!!!」とは書けないでしょうけど。

1万円以下でソコソコの音が手に入る、というだけでも破格なんですかねー?

実際に購入してみないことにはなんとも言えませんね(苦笑)

 

○USB DACをヘッドホンアンプとして考える

こんな解決策もありますね。

PC用のUSB DACをヘッドホンアンプとして使う、という方法です。

メリットはかなり手軽だということ。

お値段はピンキリですが、最近だと安いものでもそこそこの出力が出るものが多い。

出力と音質は直結イコールではないんですけどね。

それでも貧弱な音が出るよりはマシかな、という感覚。

それこそアンダー1万円クラスのもので試してみるのもいいかもしれません。

お金に余裕があれば4、5万クラスを狙う人もいるかもですね。

私的憧れのDACDENONのやつなんですよね。年末に特攻するかもしれません(苦笑)

とにかく、価格帯に幅があるので自分にあった一台を見つけるのが重要です。

格安DACならいいですが、ちょっとお高いやつは試聴してからの方がいいかも。

 

○ヘッドホンアンプは色々なもので代用できる!!!

途中話が脱線している箇所がありましたけど、いかがだったでしょうか。

ヘッドホンアンプも色々ありますし、代用できるものもいくつかあります。

高いヘッドホンアンプを買うのもいいですが、DACや格安アンプ、はたまた中古のプリメインアンプなど・・・

コスパよく音楽を楽しむことも十分可能です。

音を追求するもよし・・・ いかに価格を抑えるか考えるもよし・・・

人それぞれの趣味の形があっていいんだと思います。

 

長々と偉そうなこと書いてしまいましたが、以上で私のヘッドホンアンプに対する思いは書き終えました。

何かの参考に・・・ はならないかもしれないですけどね(−_−;)

お付き合いくださり、ありがとうございました。

では、kimamaでした。