kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【CD】CDを買わなければならないと主張する層の気持ちがわかった気がする【買いますか?】

どうもkimamaです。

この前の記事で「誰もが2、3000円もするCDをたくさん買い集められるわけではない」と書いていました。

実際今もその考えは変わっていなくて、CDは高すぎるなあ、と思っています。

しかし、この前の記事では「CDが売れなくなっていくことに対する危機感を抱いている人たち」の立場に立っていなかったことを思い出し・・・

今回はあえて「なぜCDを買わなければならないのか」を考えてみようと思います。

 

では続きからどうぞ。

 

 大前提としてこの記事は「CDを買わない奴は音楽を聴く資格がない。」と考えているような勘違い層に向けた擁護記事ではありません。

「CDが売れなくなると音楽業界にこんなデメリットがあるから危機感や焦燥を感じている」といった人たちの立場に立ってみる記事ですので悪しからず。

 

○CDはなんで売れなくなっているんだろう?

まずはここから考えていこうと思います。

CDが売れない売れないと騒がれ始めたのがいつ頃なのかは私にはよくわからないです。

私がウォークマンを初めて手にした時点ですでにDL販売が大半を占めていて、大手家電量販店でもCDを置いている店が徐々に減っていた記憶があります。

それでもしばらくは家電量販店でも欲しいCDが買えていたのですが、いつのまにかCDの取り扱い自体をやめてしまった店舗もありますね。

じゃあなんで売れなくなったのか。私は音楽販売の形態にある矛盾のせいではないかと思っています。

アーティストやレーベルは、お金が入らないと新しい音楽を作れないわけですが。

CDが売れなくなっているので新しい曲を作れない。

このままでは音楽が衰退してしまうと考えたのがDL販売なのではないかと思っています。

もしくはことはもっと簡単で、「コンビニ感覚で音楽が買えればもっと儲かるのでは?」という浅はかな考えだったかもしれません。

これがすべての発端です。

楽に稼げるほう(DL販売)へ移行した結果、当然CDは売れなくなります。

CDが売れなくなると音楽が人の目につきにくくなります。

店頭で見かけることがなくなれば、「このアーティスト知らないけどジャケットかっこいいなー」というのがなくなるわけです。

DL販売は案外支払いや曲探しが面倒なので、CD売ってないならいいや、と音楽を買わなくなる人間が増えたのかもしれないですね。

この状況から売れるCDは一部の人気アーティストのものになり、DL販売も固定の曲しか売れず・・・

どんどん音楽は衰退していくわけです。

ここで苦し紛れに打ち出したのが「定額制音楽サービス」。

これのせいで音楽業界は自らにとどめを刺すことになります。

1000円で曲を聴き放題にしたおかげで、音楽を聴く人は圧倒的に増えたでしょう。

しかしこれは諸刃の剣。薄利多売は成功すれば大きな効果を出しますが、同時に一つの利益が大幅に下がります。

これのおかげでCDは完全に死亡、頼みの綱だったDL販売すらも殺したわけです。

これが現在の音楽の衰退の原因ではないのかな、と思います。

あくまで個人の一意見ですので、違っていたら違っていたでいいと思います。

 

○CDが売れなくなると何が困るのか?

まず音質にこだわる人が少なくなり、オーディオという趣味が本当に一部の物好きのものになると思います。

だってスマホで聴けるじゃん!!! となるわけですね。

そうなってくると人間どんどん安くて利便性の高いほうへ流れていきます。

CDは本当になくなっていくでしょう。

CDがなくなるのは時代の流れ的に仕方がないのかもしれません。

しかし、人から音楽を「買う」という感覚がなくなるとDL販売も危ういです。

つまり音楽業界が死にます。完全なる終焉です。

もうすでにそうなっているのかもしれませんけどね。

音楽はどんどん大衆向けのものになり、有名アーティストの曲しか売れなくなります。

音楽を「聴く」という行為がなくなり、音楽は日常の一つになります。

通勤途中のBGMだとか作業中のBGMだとか・・・

それはいいんですけど誰も音楽を買いません。定額制で流している状態になります。

 

○CDが売れるようになるには?

価格を下げてさらに付加価値をつけるしかないでしょう。

DVD付き限定版とか応募券付きとか、バージョン違いとか・・・

そうやって購買意欲を煽っていくしかないと思います。

なんども書きますが

CDアルバム1枚3000円+税は高すぎます

それなら他のことに使うわ、どうせ定額制あるし、となるのは当然です。

自ら招いた破滅のタネを自ら育てて自殺するとは・・・

なかなか滑稽なものですが、CDを安くする、定額制を高くする、DL販売を普及させるなどなど・・・ 

まだ助かる道はあると思います。

 

○音楽を「買う」という感覚を忘れないようにしよう

年に一枚、CDを買うのでもいいです。DL販売でもいいです。

とにかく音楽を「買う」という感覚を忘れないようにしましょう。

そうでなければ、今何気無く聞いている定額制のサービスすらなくなってしまうかもしれませんよ?

本当に嫌ならせめてレンタルはしましょうね。少しでも業界にお金が入ると思うので・・・

 

○最後に

今回の話はある意味極論だったかもしれません。

でも、こういう懸念もあるということを頭の片隅に置いておかないといけませんね。

なんかえらく見当違いなこと書いてる気がしてきた(−_−;)

最後までお付き合いただきありがとうございます。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

kimamaでした。