kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【UE4000】届きました。ロジクールのヘッドホンってところがいいですよね。【ヘッドホン】

f:id:kimama0123:20170809002208j:plain

 

どうもkimamaです。

UE4000の件なのですが、真相が判明? したのでご報告。

結果としましては・・・

詐欺や偽物ではなかったです!!! 訳あり品というわけでもないようです。

国内正規品でしたし、開封の痕跡もなし。

ヘッドホン自体に少し傷が入っているのですが、これはおそらく長らく放置されていたせいだと思います。

もしくは私が箱から出すときの出し方が悪かったのか・・・(−_−;)

 

Amazonマケプレのショップ様、詐欺だと疑ってしまい誠にすみませんでした!!!

国内保障付きの正規品だとは思いませんでした・・・

やはり人間、疑うことも大事ですがときには信じることもしないとダメですね。

気を取り直して、肝心の音やデザイン面についてレビューしていきましょう!!!

 

ロジクールのヘッドホンというところがイカす!!!

UE、アルティメットイヤーズはロジテックという会社の子会社になっていたそうで。

作っているのはUEですが、販売はロジテックロジクールというわけです。

ロジクールといえばゲーミングデバイスメーカー、そこのヘッドホンってなんかロマンあっていいですよね笑

 

○デザインはシンプルかつスタイリッシュ!!!

記事最初の写真でもお分かりいただけると思いますが、デザインは非常にスタイリッシュです。なおかつシンプルなのでくどくない。

街中でつけていても全く違和感がないですね。

以前のDJヘッドホン、PRO5MK3は違和感しかなかったですから・・・

光沢仕上げなので若干指紋や傷が目立ちやすいのが難点ですけど(−_−;)

 

○音質面は、密閉型にもかかわらずクリアな音!!! 低音も主張し過ぎず控えめ過ぎず!!!

全体的に柔らかい音です。

同日に届いたK702はかなりシャープな音だったのですが、こちらはよくいう「ウォーム」というやつですかね。

解像度が極端に低く、低音でごまかしている・・・

というわけではないので、長時間聴いていて頭が痛くなるようなぼやけがなくていいですね。どちらかというと長時間の視聴に向いている機種な気がします。

 

具体的には

・EDMなどの電子音楽

にぴったりだと思います!!!

高音が刺さらない&低音の量感が心地いいので、非常に楽に聴けると思います!!!

逆にギターの音など弦の「ギュンギュン」というようなキレの良い音が聴きたい場合はお勧めできないかも・・・

あくまでリラックスしながら聴き流すような音なので。

ちなみにこのヘッドホン、iOSバイス向けの製品なので。

圧縮音源を聴いても気持ちよく聴けます。あまり高い製品や据え置き用の製品だと、細かい音が聴こえ過ぎて圧縮音源のアラが目立つんですよねえ。

特に高音域が削られてるのがよく分かっちゃうので、ザラザラしてる音に聴こえちゃうんですよ。

でもUE4000は良くも悪くも1万円以下のポータブルヘッドホン。そこらへんはきちんと住み分けできているようですね。

 

○装着感も良好!!! 耳はあまり痛くならない。

事前に調べていたレビューの中で、オンイヤーなので耳が痛くなるというものがあったのですが・・・

全く痛くなりませんね。イヤパッドが非常に柔らかく、またフィットしてくれるのでオンイヤーにありがちな「耳を押さえつけられている感覚」がほぼないです。

側圧もちょうどよく、眼鏡をかけていても気になりません。どちらかというとK702の側圧の方が・・・(−_−;)

私は頭がでかいほうなのですが、それでも快適に装着できています!!!

 

○総評!!!

音楽を非常に楽しく聴かせてくれるリスニング向けのポータブルヘッドホン。

最近の電子音楽に非常にマッチする、デザインもスタイリッシュかつシンプルな・・・

「ちょうどいい」ヘッドホンなのではないでしょうか。

残念ながらすでに製造中止、正規品の流通もほぼなくなってしまっています。

「欲しくなったから買おう!!!」

と思ってもなかなか手に入りません(−_−;) 私が手に入れられたのも偶然のようなものなので・・・

実店舗を回って根気よく中古を狙えば可能性はあるかもしれないです。

 

以上で、UE4000のレビューを終わります。

個人的にはこの音、このデザインのヘッドホンが4480円で購入できたのは奇跡だと思っています(笑)

久しぶりにかなりいい買い物ができたな〜

というわけで、すでに手に入らないもののレビューで申し訳ないのですが。

何かの参考になれば幸いです。・・・手に入らないのに参考も何もないですけど。

では、kimamaでした。