kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【イヤホン】「intime 碧」が昔食べてたソーダのガムみたいな色で美味しそう【低価格帯】

どうもkimamaです。

皆さんは子供の頃、好きで食べていたお菓子とかありますか?

私はですね、名前は忘れてしまったのですがしゅわしゅわするソーダのガムが好きでした。

銀紙に包まれてるやつで、綺麗な水色をしていたのを覚えていますね。

今回はそんな「お菓子のような(私限定の感覚)」イヤホンをご紹介。

と言っても持ってるわけでも聴いたことあるわけでも、詳しく調べたわけでもないんですけど・・・

 

では、続きからどうぞ。

 

 今回紹介するのは

「intime 碧」

というイヤホン。

Amazonのリンクも貼っておきますね。⬇︎

 

見るからに綺麗な透き通った音がしそうなデザインですね。

このイヤーピースから覗く水色とハウジング部の銀色でガムにしか見えないっていう・・・

実際の音はどうなんでしょうか。

何人かのレビューをちょっと拝見させていただいたので、箇条書きにして書いていきますね。

  • 高音の伸びがいい
  • 聴き疲れしない
  • コスパがいい
  • 耐久性が不安

などがざっと目を通して出てくるワード。

なるほどわからん(−_−;)

つまり高音が綺麗で聴き疲れしなくてコスパが高いイヤホンなんですね⇦そのまんま(−_−;)

真面目に考察していきましょう(苦笑)

と言っても「音がいい」とか「コスパが高い」っていうレビューが多くてなかなか音自体に言及してないのよね・・・

高音が綺麗という点と銀色の筐体という点から、私の愛用している「XBA-40」なんかを連想してしまいますねえ(笑)

ドンシャリ目で聴き疲れする、という意見も見られるのですが、どっちなんでしょう(−_−;)

真逆の意見が出てくるのはイヤホンのレビューではよくあることですがね・・・

この製品、このお値段でハイレゾ対応しているらしいので確かにコスパは高そうです。

あとは耐久性か・・・ こればっかりは使ってみないとどうとも言えないな。

人によって使い方が変わってくるから、どれくらい持つかも変わってくるんですよね。

ポケットにそのまま突っ込んでる人なんかはすぐ断線するだろうし、ケースに入れて持ち運んでいる人は長く使うだろうし。

 

実際、この価格でこの仕上げこの性能・・・

かなりいい品だと思います。ただねえ、耐久性についてかなり言及されているのが不安でもありますね。

最悪買って壊してもそこまでダメージはなさそうなお値段だけど・・・

使い捨てっていうお値段でもないのが微妙ですね(−_−;)

機会があったら購入してみるので、期待しないでレビュー記事を待っていてください(苦笑)

では、kimamaでした。

 

それにしても本当にガムにしか見えないな・・・(笑)