kimamaのはてなブログの方

kimamaのはてなブログの方です。

【ポータブルオーディオ】自分的ポータブル環境でK702を鳴らす【K702】

f:id:kimama0123:20170818030723j:plain

 

どうもkimamaです。

今回は私が購入してから大好きで使っているヘッドホン、K702に関するお話です。

開放型ヘッドホン・・・ AKG・・・ 憧れだったんだよなあ(笑)

と言いつつ今までも開放型のAKG使ってたんですけどね(−_−;)

高級機に憧れていた、ということにしておいてください・・・

 

さて、今回のお話は「ポータブルオーディオ×K702」というテーマでお送ります。

というのもですね、あまりにも開放型は鳴らせない、ポータブルだと音量取れないと言われているものですから・・・

実践してみてどうだったか、どうしても記事を書きたくなってしまうんですよね(苦笑)

実際のところどうなのか、K702は本当にポータブルでは使えないのかを書いていきますよ!!!

では続きから。

 

 まず、私のポータブル環境を晒していきましょう。

 

環境その1

プレイヤー FiiO X1

ポタアン FiiO E12

これをライン入力で繋いでおります。

 

環境その2

プレイヤー FREETEL KIWAMI(スマホ)

ポタアン FiiO E07K(USB DAC)

これらをUSBで繋いでおります。

 

さて、まず環境1から。

ドライブ能力で言えばカタログスペック上は全く問題ない組み合わせですね。

E12は300Ωまで対応した高出力のアンプですし、X1はラインアウトですし。

さて、実際はどうかというと・・・

 

聴いた曲

P-MODEL 夢見る力 (Apple Lossless 44.1kHz 16bit) 

REOL コノヨLoadin... (FLAC ハイレゾ)

ACIDMAN to live (Apple Losless 44.1kHz 16bit)

以上の3曲です。

 

まずは夢見る力から。

ピコピコ電子音満載の曲で、ヘッドホンによってはうるさく聴こえたりする曲なのですが・・・

さすがはK702。音の分離が非常に良いためうるさくないです。曲として完成してる。

ボーカルが埋もれることもなく、低音は控えめですがそれでも足りないということはない。

 

コノヨLoading...ですが、こちらも気持ちよく聴けました。

K702、意外と電子音との相性が良いようですね。

あとは冒頭のはじけるような音や、サビの部分の低音など、低い音も意外に頑張っています。

これはE12のBASSブーストのおかげな気もしますね。

 

to liveもいい感じ。というか全部いい感じでした(笑)

ギターの音がいいですね。なんか爪で弾いているあの音、なんとかノイズだったかなんだか、あれが非常に気持ちいいんですよ。

X1はどちらかというと解像度低めの暖かい音なのですが、それでもシャープめに聴こえるあたりやはりクリアで済んだ音という印象のK702。

X1と真逆のタイプですが、競い合うことなくお互いを補い合っている感じですね。

 

簡単ですが感想を書いてみました。

この記事はK702のレビュー記事ではないので、各曲の紹介はこんなところで。

肝心の「鳴らしきれているかどうか」ですが・・・

この組み合わせだと全く問題がないことがわかりましたね。

では次、スマホではどうなのでしょうか・・・

 

環境その2です。

スマホでは鳴らしきれないでしょー^^

と思いますよね。どうなのでしょうか。聴いてみた曲は以下の2曲。

 

ACIDMAN river

特撮 文豪ボースカ

 

以上です。

 

rverの方ですが、ヴォーカルが綺麗に聴こえるのでこういう繊細な曲はいいなあ、と改めて実感。

やはりこういう静かめな曲はK702に合いますねー。

・・・考えてみるとこの曲ロックだからそんなに静かめでもないか。

落ち着いている曲、という解釈でお願いします・・・ ボキャ貧ですまんな・・・

 

文豪ボースカは・・・ ダメダメですね。

まずギターでヴォーカルが潰れる。オーケンさんの歌声が聴こえない。

んでもって、ボースカの声だけははっきり聴こえるという・・・ 誰得(−_−;)

全く聴こえないわけではないです。ごちゃ混ぜになっちゃう感じ。

これはおそらく音源に合っていないというよりは、再生環境な気がします。

アンプ噛ませてもスマホスマホ・・・ というよりはこのアンプの特性が裏目に出てしまっている感じだと思われます。

シャープに鳴るK702にシャープに鳴らすE07K・・・ シャープになりすぎているのか、ギターが耳に痛い(−_−;)

 

というわけで、個人的ポータブル環境でK702を鳴らしてみました。

まず言えるのが「音量は十分取れる」ですね。これは何回も色々な記事で書いています。開放型だろうがなんだろうが音量が取れないという事象は滅多にないということがね。

で、音質面ですが。しっかり鳴っているのはやはりE12という印象・・・ なのですが!!!

私はE07Kのシャープな音が好きですね。

結果

FiiO X1→E07K→K702

という構成に落ち着くのかなと。

AMP-HPが来てAK100Mk2が帰って来たらそっちでも試してみたいですね。

オペアンプ交換とかも楽しみですし(沼)

ていうか、E12のパワーがあれば大体のヘッドホン鳴らせるんじゃないか・・・?

びっくりしたのはE07Kでも鳴らせているということ。そして意外にも私好みの音質だということ・・・

以外にポータブルでもいけるやん!!!

というのが結果でした。なんか最後の方適当になってしまったな(−_−;)

皆さんも、他人のレビューに惑わされず。

ポータブルでも鳴らしてやるぜ!!! 的な意気込みでオーディオ楽しみましょうよ!!!

・・・HD800をiPhone直挿しとかは流石にパワーたりなさそうですけどね。

では、kimamaでした。