kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

【自分仕様】自分仕様の完全コスパPCを組むぞ!!!【自作PCその2】

どうもkimamaです。

自分仕様のガジェット、憧れますよね〜(笑)

ノートPCやメーカー製PCはカスタマイズの幅が狭いので、自分仕様にはなかなかしづらい。

特にMacはハードが購入時に完成されているので、手を加えられるとことが少ない。

Airに限ってはメモリ交換すらできないですしね。

じゃあどうやってカスタマイズするの?

答えは簡単、自作するんだ!!!!

というわけで今回は自作PC再始動第二弾の記事になります。

今回は、使用パーツをより具体的に、詳細に書いていこうと思います。

では続きから。

 

 まずはCPUですよね。

これは前回も書いたとおり最新のものを使いたいなと思っています。

第8世代がそろそろ出るので、それを使うか・・・ それとも高コスパを狙って第七世代をあえて使うか・・・

ここら辺は悩ましいですね。ただし、第7世代以前のCPUは使いません。

・・・と考えていたのですが、第4世代はかなりコスパがいいので第4世代も視野に入れたいなと。

で、クラスはi3かi5。バルク品で構いません。ジャンクは勘弁願いたいですがね。

i3だったら新品、i5だったら中古といったところかな。

クロック数やコア数といったスペックは大して気にしてません。最低限ゲームが動けばいいかな、くらいの感じです(−_−;)

 

次がM/B。マザーボード

これは使用するCPUの世代によって決まってきます。

クラスはメインストリーム。エントリークラスを買うと拡張性に泣かされるので、メインストリーム。メインストリームというのは、ミドルクラス、というかハイエンドとエントリーの中間・・・ いや、ミドルクラスですね(−_−;)

第4世代だとH87、第6世代だとH170、第7世代だとH270ってな感じですねー。

その下シリーズ、B85とかでもいいんですけど。

メモリスロット4枚は確定。これは必須項目です。

規格はできればATX、できなければm-ATX。グラボは一枚積めればいいのですが、PCIE3.0スロット搭載も必須。

ピンが折れてなければ、つまり保証がついていれば中古でもいいですね。

 

次がメモリ。

DDR3かDDR4になるわけですね。速度関係はM/BとCPUが対応している規格ならばなんでもいいです。容量は最低4GB。8GBあれば嬉しいかなあ。

とりあえず後から増設するのが一番容易なパーツなので、4GBでとりあえず動かしてみるのもいいかも。

お値段重視で選びたいパーツですね。

 

次がGPU

GT1030かGTX1050あたりを狙っています。安ければGTX750とかでもいいかも。

予算は1万円。1000円前後くらいのオーバーは可。

こちらも中古でもいい。というか中古をメインで狙ってます。

グラボは生ものですが、そんなに古くなくて状態のいいものならしばらくは動くでしょ・・・

 

次がストレージ。

HDD一択です。SSDは120GBで5000円オーバーなのに対し、HDDは5000円あれば500GBが買えます。曲がりなりにもゲーミングPCなので容量は大きい方がいいんですよ。

これは新品ですね。ストレージの中古はさすがに気持ち悪い。すぐ壊れそう・・・

シーゲートあたりの、5〜6000円くらいのPC向け3.5インチを狙う。

 

次が電源。

80Plus BRONZE以上取得、容量500W以上は必須。

ゲーミングPCは電源命。電源の質が悪いと即死します。

さらに、電源不足だと起動すらしなくなります。

上の構成で行くと500Wあればなんとか足りるとは思いますが、いずれ拡張必死。

予算は6〜7000円くらい用意できればいいかなと。

足りなければ5000円あれば買えると思います。

 

最後にケース。

どうでもいいです(−_−;)

見た目がそこそこ良くて安くてATX対応ならなんでもいいです。

利便性とか通気性とか気にしません。そんなん気にしてるならそもそも格安PCなんて組めません。いっそのことハドフでジャンクか中古でも買ってくればいいと思います。

嫌なら5000円くらいので十分だと思いまーす。

 

どうですかね? 素人に毛が生えた程度の私の考えた最低限ゲームが"動く"格安PCの構成は。

次回は使うパーツをどんどん限定していって、資金が入り次第パーツを一つずつ揃えていこうと思います。

では、kimamaでした。