kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

Thinkpad X220の中古がかなり当たりだった件

どうもkimamaです。

じつはThinkpadがもう届いていまして・・・

今この記事も絶賛Thinkpadで打っているわけなのですが。

キーボードが恐ろしく打ちやすいんですよね、このパソコン(笑)

Macと比べると若干スペースが狭いのでまだ慣れが必要なんですけど。

それでもこの打鍵感は素晴らしいものがありますねえ。

文字打つのが楽しくなってきます!!!

さて、写真付きの記事もいずれ上げようと思っているのですが。

まだ写真を撮れていないので、まずは中古を買ってみて当たりだったのかどうか。

そこからお話していこうと思います。

長くなりそうなので、続きからどうぞ。

 

 今回私がパソコンを購入したショップさんは「ドスパラ」。

有名なショップさんですので、知っている方も多いのではないでしょうか。

 

一部では悪評高いようですが、それは何といっても顧客の多さによるもの。

このドスパラはパソコン関係のショップの中でも最大手のショップの一つで、様々なお客さんがいるようです。基本、この手のショップは自力で問題解決できる人向けのショップな場合が多く、初心者にはあまり向かない気がします。

しかし、顧客数が多いということは初心者の方も多い。

つまり、問題が発生したらまずはクレームを入れるという流れになるのです。

よく聞く「何もしてないのに壊れた!!!」というやつですね(^^;

 

パソコンは精密機器なので、その分故障率も高いです。顧客が多いということはそれだけ故障率も上がってくる。だってたくさん売っているわけですから。

となると、故障に当たった人たちが騒ぎ立てるわけですね。結果、悪評ばかりが目立ってしまうと。

そもそも自力で解決できるような人たちはクレームとか入れませんしね(笑)

というのが真相だと私個人は思っています。

 

私も一時、eイヤホンさんに対することをいろいろと書きましたが、結局は私のミスだったりしたのです。クレームを入れる前に、よく調べることは大事ですよね・・・

 

幸い、私はパソコンに関して言えばそこそこ自己解決できると自負しているので、あまり大きな故障でなければ自分で対処すると思います。

ノートPCなのにロジックボードが逝っちゃったりしたら私ごときではどうすることもできないんですけどね(^^;

OSが飛んだ、とかHDDが死んだ、とか。メモリが故障して起動しない、とか。

そこらへんは簡単に対処できるので、というかパソコン得意じゃなくても対処できるレベルなので。騒ぎ立てる前に自力で治してしまいましょうね。

 

さて、前置き? が長くなってしまったので肝心の中古を買ってみてどうだったか、という点をお話していこうと思います。

 

まずは商品の状態ですよね。

外観は・・・ そこそこきれいでした。天板にシール痕があること、キーボードがてかっていることを除けばかなりいい状態です。

割れやヒビは全くありませんね。傷もほぼないです。

でも正直、中古ノートなんで外観とかはどうでもいいんですよ。

キーボードなんて交換しちゃえばいいし、天板は気にしなきゃいいし。

問題は・・・ パフォーマンスですよね!!!

このノートのスペック詳細を書いておくと。

 

OS Win10 Pro 64bit

CPU Core i5 2520M

メモリ DDR3 PC3-10600 4GB

HDD 320GB

無線LAN搭載なし

12.5インチ ハーフHD

 

ってな感じ。

どうかなあ。64bitOSだし、最新のOSだし・・・

このCPUで満足に動くかなあ。ていうかそもそもメモリとかHDDは換装前提かなあ。

とか思ってたんですけどね?

なんてことはない、サクサク動作なんですよね。

ていうかメモリ4GBのままでも私の用途なら問題なさげじゃね?

HDDのままでもなぜか爆速じゃね?

理由はわかりませんが、最新機に勝るとも劣らないレベルの快適性。

友人の持っていた新世代i5のトランスブックより軽い気がします(^^;

これなら、しばらくはこのまま使い続けてもいい気がしてきました。

 

というわけで。ドスパラで中古ノートを買うのは初めて、しかも6年前のノートということで。

かなり不安でしたが結果は「かなり当たりの部類」でした。

これならあと2、3年は現役バリバリだと思いますね。

むしろ2世代後のOSでも動いてしまうのではないか、そんなレベルでしたとさ。

皆さんも使用感が気にならない、バッテリーは交換してもいいよ!!!

という条件なら中古ノート、おすすめですよ。

では、kimamaでした。