kimamaが送る ~なれる! プアオーディオ生活~

kimamaが送る、プアオーディオに関するブログです。

【オーディオ】音は結局出口のヘッドホンで決まるとよく言いますが。【雑談】

どうもkimamaです。

オーディオを評論しているような人たちの意見はいつも二手に分かれます。

音の上流、つまり入り口であるプレイヤーやアンプ部分が最も重要、という派。

音の下流、つまり出口だであるヘッドホンやイヤホンが最も重要である派。

まあこのレベルの人たちはどっちにもお金をかけているわけで、どっちがどっちと決める必要もない気がするのですが・・・

私のようなプアオーディオ民はですね、かけられるお金に限りがあるわけで。

その中でいかに、自分の好みの音を作るかというのが課題になってきます。

というわけで、今回はプレイヤーやヘッドホン、どちらにお金をかけたほうが変化を感じやすいのかを考えていきます。

 

では、続きからどうぞ。

 

 私はですね、ヘッドホンやイヤホンを変えたほうが効果的に音を変えることができると信じている派です。

ただ、結局音を鳴らすのは上流なわけで。上流がしょぼすぎるとよくない気はします。

さすがに300円のMP3プレイヤーにベイヤーの高級ヘッドホン、とかは無理がありますし。プレイヤーの最低ラインはスマホなのかなー、とは思いますね。

最近はiPhoneなんかはイヤホン端子が廃止されたとのことで、ある意味では外部のDAC等の導入がしやすくなったとも言えますね。

そういった意味でスマホで音楽を聴くにはいい時代なのかもしれません。

定額制の音楽サービスも充実していますし。

 

で、イヤホンヘッドホンを変えると変化が起きやすい、というのはわかりましたが。

具体的にどの程度お金をかければ変化が感じられるのか、も気になると思います。

実はこれってお金の問題に見えてそうじゃなかったりするんですよねえ(^^;

私の場合。一番高いヘッドホンだとAKGのK702になりますが、それと定価1万円以下のアルティメットイヤーズのUE4000、どっちの使用頻度が多いかというとUE4000なんですよ。純粋に音が好みなので。

私の場合は一日中音楽を聴いているので、聴きやすいことが一番重要。

つまるところ、高級ヘッドホンの素晴らしい音色は聞き疲れしやすいんですねえ。

年末に外出用のヘッドホンとしてHD25を購入しようかなんてことを画策していたりしますが、あのヘッドホンも結構癖のある音色らしいので長時間はどうかな・・・

逆に音質至上主義の方は高級ヘッドホンでないとダメ、って感じでしょうし。

 

グダグダ長くなりましたが、結論としては1万円かければヘッドホンの変化は感じられると思います。

それ以上は趣味の世界です。私は趣味の世界に半分だけ、足を突っ込んでいますが。

それでも十分楽しいので、そこまでお金をかけなくてもオーディオは楽しめるで!!!

ってことを覚えておいてください。

・・・なんかかなりまとまりがなくて何のこと書いてる記事かわからなくなってきたけど。

では、kimamaでした。