kimamaの雑多ごった煮

kimamaが送る、いろんな雑多ごった煮です。

FiiO X3 MARKⅢを購入するにあたって、ポタアンが欲しい

f:id:kimamaaudio:20171119184355j:plain

FiiO X3 MARKⅢがもうすぐ届くのだが、そこで気になってくるのがポタアン事情。

新しいDAPには新しいポタアンを使いたいもの。

そこで、新しいポタアンを選ぼうと思うので、候補を記録として記しておく。

 

 

少し長くなるので続きからどうぞ。

 

さて、このブログはプアオーディオなブログなので、そんなに大層なポタアンは買えない。

願わくば1万円以下、それが無理でも1万円台には抑えておきたいところだ。

中古も視野に入れて考えているので、Amazonのリンクを交えながら書いていく。

 

まず一つ目。

 iBasso AudioのD2+Hj Boaというアンプ。

iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa

iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa

 

DACアンプということで、将来性を考えると三段重ね等できそうで面白い・・・

が、以前にも書いたとおり私はDAC否定派なのでやらないとは思うが(^^;

かなりいい音を出してくれるアンプとして根強い人気があったようだが、今でも通用するのか・・・?

 

二つ目。

我らがFiiOのミドルクラスポタアン、FiiO A5。

オヤイデ ポータブルヘッドフォンアンプOYAIDE/FiiO Fiio A5

オヤイデ ポータブルヘッドフォンアンプOYAIDE/FiiO Fiio A5

 

私が今使っているE12の後継機種なわけだが、なんとハイレゾに対応している。

そしてお値段1万6000円ほど。輸入版ならもっと安いと思う。

ハイレゾ対応でE12の後継機。おそらく素晴らしい音が鳴るのだろう。

うーん、欲しい(笑)

 

三つ目。

 ここにきて来ました、格安アンプ。

toppingと言えばかなりコスパがいいアンプ類を輩出しているメーカーだろう。

この値段で大容量のバッテリーを積んでいるのはありがたいところ。

長時間駆動は非常に魅力的だ。

音も高級機に匹敵するらしく、非常に気になる製品だ。

 

四つ目。

 オーグラマーのGR-1

 オーグラマー、こちらもかなり高コスパな製品を出しているメーカー。

イヤホンのR8は知っている人も多いのではないだろうか。

音は見た目通りかなり野太いらしく、音圧を求める人にはばっちり合いそうだ。

私は音圧というよりは綺麗目な音が好きなのだが、明日届く予定のヘッドホンに合いそうなので候補に入れた。

 

こんなところだろうか。

ほかにもオルトフォンのMHd-Q7やFirestone Audioのアンプ、アルトイズ缶に入っているアンプなどなど・・・

Amazonには安いアンプ、値引き率がすさまじいアンプが転がっているので。

各々探してみるのも楽しいかもしれない。

それでは。