kimamaの雑多ごった煮

kimamaが送る、いろんな雑多ごった煮です。

FiiO X3 MARKⅢは『格安』・『高音質』DAPだった件

f:id:kimamaaudio:20171121170713j:plain

さて、お待たせしてしまったがFiiO X3 MARKⅢをしばらく聴いてみたのでレビュー記事を書こうと思う。

まず初めに、注意してもらいたいことがある。

私が今回購入したのは並行輸入というやつだ。メーカー保証もなければ本物かどうかもわからない

シリアルナンバーは輸入品価格維持のため剥がされているため、本物かどうか確認するのはなかなか難しい。

それでも良いという方のみ、この記事の閲覧、製品の購入をお勧めする。

もちろん実績のあるショップなら偽物が届く可能性は低いが、無論ゼロではない。

そこを念頭においてうえで、輸入品の購入を楽しんでほしい。

 

前置きが長くなってしまった。レビュー本編は続きからどうぞ。

 

目次

 

今回のレビューは私個人のレビューであり、すべての人が同じように感じるわけではないことをに断っておく。

まずは音質について、順番にレビューを書いていくので・・・

気になった箇所へ飛んで読んでもらいたい。

 

・音質について。

まずは肝心の音質についてだが・・・

普通に良い。2万円で買えるDAPとは思えない良さがある。

私としては新品定価6万円超えのAK Jrより好きな音質傾向であった。

というのも、AK Jrはかなりカッチリした音を鳴らすのに対し・・・

FiiO X3 MARKⅢはウォーム系、温かみのある柔らかいサウンドを出すのだ。

これはFiiOのDAP全般にみられる特性でもあるらしい。

実際、私の所持しているFiiO X1 1stも似たような傾向だった。

ただし、X3 MARKⅢのほうがより聴きやすく、音場が広く感じる。

さらに各帯域の聴き分けがしやすいため、X1にあった「音がだまになる」現象も起きづらい。

AK Jrほどカッチリ目ではないが、X1ほどボワついてもいない・・・ 絶妙なラインだ(笑)

特にマッチするのはライブ音源などの空気感、音場が感じやすい楽曲。

手持ちの音源だと、マッシブアタックやCANなど少し浮遊感のある印象のアーティストの曲も映える。

逆に合わないなと感じたのは、ギターのラインやドラムの跳ねるような音といったシャープさが求められる音打ち込みのきらきらした音。そういった音を多用する現代のJ-POPJ-ROCKといったジャンルだ。

どちらのジャンルも若干解像度というかシャープさが足りないため、聴いていて疾走感がない。もちろん聴けないレベルで合わないわけではないが。

この辺のジャンルをメインで聴く方は少し注意が必要だ

 

・操作性について

なかなか癖があるなと感じた。

まず、FiiOのDAP恒例のホイール操作だが・・・

タッチ式になってしまっている(^^; ここは改悪だと認めざるを得ない。

クリック感がないため、操作している実感がない。そのせいで誤操作が多発する

また、ボタン配置は旧来モデルと変わらないものの。

押し心地が変わっているのでここも好みが分かれそうだ。

総じて、操作性がいいとは言えないのだ(^^;

FWのアップデートでもう少し動作が軽くなれば話は変わるかもしれない。

 

・デザインについて

高級感があり、適度に重厚な感じがまたたまらない(笑)

後述する付属のレザーケースを装着するとかなり見え映えがいい。

確かに物理ホイールの廃止は操作性的には英断とは言えないが、デザイン的にはその限りではないかもしれない。

ボタン類の質感も向上しており、4万円のDAPだといわれても違和感がないレベルだ。

さすがにAK Jrの質感にはかなわないが(^^;

 

・付属品について

かなり充実していると思う。

まずうれしいのが、保護フィルムやケース、カバーといった保護グッズ一式が付属されていることだろう。

この手のグッズは別で買うと結構な額になったりするし、そもそもマイナーなデバイスだと取り扱いがなかったりするからだ。

 

主な付属品内容を羅列すると、

・レザーケース

・クリアカバ

・保護フィルム3枚(一枚装着済み)

・コアキシャルアダプター

となっている(書類は割愛)。

 

レザーケースの質感は最高で、別売り2000円と言われても違和感がない。

また、操作性や端子類へのアクセスを考慮したつくりになっているのもうれしいポイントだ。

クリアカバーにはmicro SDスロットへのアクセス口がついているため、頻繁にSDカードを抜き差しする人には最適だろう。

どちらを使うかはその人の好みだが、こういった選択肢が購入時からすでに用意されているのはさすがとしか言いようがない。

保護フィルムがすでに装着されているのもかなり好感が持てる。

 フィルム貼りが苦手な人は少なからずいると思うが、FiiOの製品はフィルムが初めから貼ってあるので安心だ(笑)

 

・その他

そのほかで気になった点と言えば、若干動作が重いと感じる

またFWの安定性に欠ける部分があり、まれにフリーズする。

ネットでも報告が上がっているが、私も一度フリーズした

動作の不安定さはアップデートでの解消待ちといったところか。

DSDの再生が2.8MHzまでなのも気になる。

旧機種が5.6MHzまで再生可能だったためだ。ここもアップデートでの対応を期待したい。

 

あと、書き忘れていたが、この機種は2万円という低価格ながらバランス接続ができる。私自身、バランス接続できるイヤホンやヘッドホンを持ち合わせていないのだが(^^;

バランス接続をすると少なからず音質に変化が出るとのことなので、いずれ試してみたい。

 

・総合評価

操作性や動作のもたつきDSD音源への対応状況など。

難がないわけではないが、音質や付属品、機能性の充実面から考えて・・・

この価格では、総合的に満足できる製品だと感じた。

現状2万円台でバランス接続、DSDネイティブ再生両方を兼ね備え、なおかつ音質がいい機種はなかなかないので。

十分にコスパがいい製品だといえるのではないだろうか。

2万円台でDAPを探しているなら候補に入れても損はないと思う。

 

長くなったのでこの辺で。

それでは。