kimamaの雑多ごった煮

kimamaが送る、いろんな雑多ごった煮です。

【洋楽】おっさん世代に物申す!!!【至上主義】

今回は少し厳しい意見になると思います。

不快だなと感じても何も責任取れませんのであしからず。

 

 

皆さん、音楽は好きですか?

私はそこそこ好きで、いろいろ調べたり、若者にしては珍しくCDなんか買ったりしてます。

レコードはね・・・ 再生環境がないもので・・・

で、最近よく聞くのがですよ?

「アイドルばっかりになった今の音楽業界はクソ」とか「J-POPとかJ-ROCKなんてのは本当の音楽じゃない」とかね?

まあ総括すると「昔はよかった」ってやつですね。

ここに今回は物申していきたいわけであります。

 

まずですね、おっさんたちに言いたい、「あんたらの基準は日本人全員の基準ではない」ということです。

おっさん世代によくみられるのが、「今の音楽は本物じゃない」っていう言動。

新しいものを排除しようとするわけですねー。自分がついていけないから

確かに、私もアイドルばかり、それも曲じゃなくてビジュアルばかりで勝負しようとする、そんな人たちが音楽業界の"すべて"になってしまったら嫌です。

でもさ、考えてみてください?

今そんな状況になってなくない?

アイドルだって曲で勝負してる子たちだっているし、そもそもJ-POPは死んでない

ていうか昔は一人もアイドルいなかったのかよ!!! と言いたいです(笑)

J-POPが死んでるといわれるのにはこんな理由があるんじゃないかと私は考えています。

おっさんたち世代は当然、昔の音楽しか受け入れないわけで。そういう人たちは声だけでかい。そのせいで、若者の声はかき消されおっさん世代の声だけが音楽業界に反映される・・・

こういうことですね。

J-POPや最近の音楽が死んでいるんじゃなくて、懐古厨が増えすぎたんですねー。

これは今の日本自体を表している気がします。

ご老体が増えすぎて、本来聞こえなければならないはずの若者の声が聞こえない、っていうね。

じゃあ若者が洋楽を聴けばいいの? といわれるとそこまで単純じゃないんですねー。

おっさんたち世代はですね、自分たちの好きなものに若者が興味を示して入ってくると排除するんですねー

この心理はよくわからないんですけど、オタクが良く言う「にわかはお断り」ってやつなんですね。

いやいやいや、アイドルもダメJ-POPもだめ、洋楽には入ってくるな・・・

若者には音楽を聴くなとおっしゃっているんですねー。

そのくせ、「最近の若者は趣味がないから~」って、もうねあほかと。

法律で規制してるのにその行為を強要しているようなもんですよ。

やれば捕まる、やらなきゃ処刑、みたいなねー。

今回の話を分かりやすくまとめると

おっさん世代は俺の基準が絶対!!! 洋楽最高!!! アイドルやJ-POPはだめ!!!

若者が洋楽に入ってくるのもダメ!!!

ですね。

おっさん世代の方たち、反論があればどうぞ。私はまだ若年ですし、ちょっと怒って書いているので文章もめちゃめちゃ。それでも言いたいことは書きました。

なんでも新しいもの排除して、にわか排除し続ければそれは楽園が出来上がるでしょうね。ただし、新しいものやにわかがなくなればその業界はすたれていくだけですけどね。

それでは。