kimamaのガジェット漫遊記

kimamaが送る、ガジェットについて書くブログ。

PCオーディオへの復帰 第一弾 DAC&アンプ編

どうも、kimamaです。

最近オーディオというと携帯直差しで安物ヘッドホンで音楽聞いていたくらいでした。

据え置きのほうも、2000円ちょいで買ったアンプに昔から使っているスピーカー。DACなんかあってないようなもの(マイク付属のやつ)。

で、本格的に据え置きオーディオ復帰しようと前から狙ってたSEGAのカラオケアンプを買おうと思ってたんですが、事情があり大音量が出せなくなる可能性が...

今アンプ買ってしまうと非常にもったいないことになる。

でも久々にオーディオしたい!!!

ってことで行き着くのがヘッドホンオーディオなんですよね。

スピーカーと比べてコスパ悪いと感じるのは私だけ?

まあそれは置いておいて。今回はどんなDAC&アンプを使うのか...

詳細と理由等書いていきたいと思います。それでは続きからどうぞ。

 

まずはDACですね。

こちらかなり古いものになっていまして...

Creativeの「Sound Blaster Digital Music PX」です。

Creative 外付けサウンドボード USB Sound Blaster Digital Music PX SBDMUPX

Creative 外付けサウンドボード USB Sound Blaster Digital Music PX SBDMUPX

 

...はい。これ、実に2003年の商品です。

なんでこれにしたか... 安かったのと以前使っていたサウンドブラスターの音がよかったから、ですね。

評価もそこそこですし、つなぎ程度には活躍してくれるかなと。

PCからUSB入力して、LINEアウトから後述するアンプへ出力しようかと。

 

続いてアンプ。

こちらはかなりいいものを使おうと思っていて...

オーディオテクニカの「AT-HA21」ですね。

audio-technica ヘッドホンアンプ (φ6.3ステレオ標準/φ3.5ステレオミニジャック両対応) AT-HA21
 

これも少し古めの製品ですが、さっきの程ではないですね(;^ω^)

ちなみに定価24000円なり。eイヤホンさん(久しぶりに利用した)で送料手数料込みで7500円ほど。

音質は味付け薄目解像度高めと聞いていますが、果たして...?

こちらも評価はそこそこ。

選んだ理由はデザインと音質傾向ですね。

以前使っていたHP-A3が似たようなレビュー内容だった気がするから(曖昧)。

定価が定価だけに期待してしまいますね!!!

 

ヘッドホンは、K121 Studioをとりあえず使おうと思っています。

そのうちK240 Studioあたりを購入する予定。

それまでは中華イヤホン二本と121 S、ひそかに買っていたV55でローテーションしようと思いまする。

さあ、PCオーディオ沼が始まる...

言うてプアオーディオだけど(笑)

それでは。